白髪が多いのでこの際グレージュにしたら目立ちにくくなるんじゃない?とブリーチオンカラーをご提案

 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも!髪に負担をかけない優しいヘアカラー提案を心掛けている、相模原市橋本に美容室アルクのオーナーカラーリスト・タニハラです。

白髪が気になるとおっしゃていた『M』さまが、以前からご提案させていただいている【外人風のくすんだカーキ系グレージュ】希望でご来店されました。

 

当店のブリーチには毛髪強化のための『ファイバープレックス』を配合させていただきますので、どんな髪も負担を軽減し、切れ毛、枝毛を防ぎ、髪の芯を作りますので、毛髪本来の艶やしなやかさを損ないません。

 

一度シャンプートリートメントブローをします

 

ブリーチしただけとは思えないこの艶!

 

この上から今回はカーキアッシュをチョイス。

 

さらに退色防止と補色効果のために、塩基性染料のシャドーをプラス

 

仕上がりは、、、

 

 

 

 

このような一度プリーチ(脱色)後に染める(染着)ヘアカラーの技法を『カラーオンカラー』または 『ブリーチオンカラー』などと呼び名はサロンによって様々ですが、こういったカラーは退色(色落ち)することを残念がるのではなく、色の変化を楽しむものです。

退色後も生えてきた白髪が気になりにくく、色の変化も楽しめ、髪の艶やしなやかさが持続する当店一番のおススメヘアカラーです。

「望んだとおりの色になったヮ」とご満足気の『M』さま、ご来店ありがとうございました!

またのご利用お待ちしております。

 

 

 

ということで、今年も一年(と言わずずっとハート)よろしくお願いいたしますm(_ _ )m

この記事を書いている人 - WRITER -