艶髪に写し出す究極の撮影テクニック!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

髪を撮影する上で艶々に写すには『光量』は欠かせないですよね。

ググると上記にような物がいろいろ出てきますが、結構するんですよねonedanが泣き顔

以前やったことあるphotosessionとかならまだしも、サロンワークでのちょっとした記録画像撮るのに手ごろなものないかなあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

ということで、作ってみました。

『ショート・サーキット』(1986年作)のあのナンバー・ファイブを彷彿させる洗練されたデザイン

 

細部までこだわりつくした独自の可動域(特許申請中)

 

もちろん伸びます!!

 

三脚から外せばハンディタイプに早変わり!

 

三脚では難しい箇所に当てたいときはこうやってアシスタントに持ってもらうこともできます!

(アシスタントなんていないけどげっそり (顔)

 

いや~~こういうもの作ってる時がいちばん無になれますね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -